ダイエットをしたことがある方ならGI値という言葉を聞いたことがある方も多いと思います。

 

脂肪蓄積とGI値は密接に結びついているので、ダイエットをする時はこのGI値を意識すると効果的です。

 

GI値とは?

GI値は、簡単に言うと炭水化物が体内で糖になって血液に入る速さをあらわしています。

 

血液にゆっくりと入ってくる食べ物は血糖値を急激に上昇させませんが、すばやく入ってくる食べ物は血糖値を急激に上昇させます。

 

人の体は血糖値が上昇すると血糖値を下げるためにインスリンが分泌されます。実はこのインスリンが厄介な存在で、インスリンは脂肪を体に蓄積させる働きがあるんです。

 

そしてGI値が高い食べ物ほど、このインスリンが分泌されやすくなります。

 

つまり、GI値が低いものほどインスリンの分泌量は少なく、体に脂肪を溜め込まなくて済むと言えるのです。

 

つまり、ダイエットに効果があるのはGi値が低い食品ということになります。

 

カロリー計算だけでダイエットを成功させることはできません。

 

ダイエットをする上では、消費カロリーが摂取カロリーを上回る必要があります。しかし、そうすると、食べるのを我慢しなければなりません。

 

食べないダイエットは、結果的に成功へとたどり着けないことがほとんどです。その点、Gi値が低い食品を摂るダイエットなら、おすすめできます。

 

Gi値が低い食品なら、同じカロリーベースの食事をしたとしても、蓄積する脂肪は少なくなるからです。

 

この方法なら、容易にダイエットができるのでまずは食生活から意識してみてください。(低GI値食品について