B-グルカンとは?

Bグルカン

えん麦のちからに含まれているB-グルカンとは、何のことでしょうか?購入前に、えん麦のちからの効果を調査しました。

 

B-グルカンはキノコや酵母に多く含まれる多糖類の一種で、食物繊維の仲間です。

 

酵母細胞壁から発見され水素結合した3重螺旋構造の鎖状物質であることがわかりました。

 

きのこ類に含まれるB-グルカンは特に注目されていて、多糖体が免疫力を高めてガンを治すと言われています。

 

米国では、B-グルカン免疫調整の材料としてよく用いられています。

 

免疫を担当するマクロファージやリンパ球を刺激して免疫力を高める作用があるので、B-グルカンで免疫力を高めることで、ガン細胞の増殖を抑えることができるのです。

 

ガンの再発や転移の予防に有効な物質で免疫力を高めることができるので、多重ガンの発生予防にも効果的といわれています。

 

えん麦のちからにはこのB-グルカンが豊富に含まれています。

 

えん麦のちからはダイエットや健康、どちらにも効果的に働いてくれると言えそうですね。

 

 

えん麦のちからの口コミレポートはこちら