低Gi食品とは

低GI食品

低Gi食品と聞くとダイエットにいいんでしょう?といったイメージを抱く方も多いと思います。

 

実際にところ低Gi値食品とは「Gi値」の低い食品のことで、食後の血糖値の上昇スピードが緩やかな食品を指します。WHOもその有用性を認めており、「過体重、肥満、2型糖尿病の発症リスクを低減させる可能性がある」と報告しています。

 

食事

人は食べ物を口にすると体内の血糖値が上昇し、血糖値を下げるためにインスリンが分泌されます。

 

このインスリンには脂肪の分解を抑制する働きがあり、たくさん分泌されると脂肪が蓄積されるようになります。

 

低Gi値食品はこの血糖値の上昇が緩やかなのでインスリン分泌量も少なく、体に脂肪が蓄積されにくいのです。

 

また低Gi値食品を食べるとインスリンの分泌が減少する変わりに脂肪を燃やしてエネルギーにするグルガゴンというホルモンが分泌され、糖質よりも脂肪を優先してエネルギーにしようとする体質になることができます。

 

血糖値が急上昇するとやがて同じように血糖値が急下降し、この急下降の過程で人はお腹がすいたと感じるので注意が必要です。

 

つまり高Gi値食品を食べると高カロリー、かつすぐにお腹がすいてしまうといった悪循環を辿るのでダイエット中はできるだけ控えるようにしましょう。

 

したがって、ダイエットを意識したり、食事制限がつらくてダイエットに失敗してしまう人はこの低Gi値食品を摂取する事がダイエット成功の秘訣になります。

 

満腹感

食べながらダイエットができる方法なので空腹感を感じずに自分が理想とする体型を手に入れられるのは嬉しいですよね。

 

えん麦のちからはこの低Gi値食品で、かつお腹の中で8倍に膨らむ働きがあります。

 

食事の前に摂取すると食べ過ぎを防止できるので食べながらダイエットがしたい、血糖値の上昇を防ぎたいといった方は生活の中に取り入れると効果的です。

 

えん麦のちからの口コミレポートはこちら