便秘には不溶性食物繊維を食べればいい?

キャベツ

便秘と不溶性食物繊維の関係は、とにかく食物繊維を摂れば便秘に良いと言う考えを否定する考えにつながっています。

 

便秘解消のためには野菜を食べて、食物繊維を摂取すればよいとよくいわれます。しかし、ただ野菜を多く食べると逆に便秘が悪化する恐れがあるんです。

 

食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があり、便秘を解消するには、これらをバランスよく摂る必要があります。理想は、不溶性と水溶性は2:1のバランスです。

 

ではそれぞれどんな働きがあるのでしょうか?

 

不溶性食物繊維

水に溶けにくい繊維質で、体内に取り込まれると水分を吸収し便のかさを増し(イメージは乾燥ワカメ)、排便作用を促進する。

水溶性食物繊維

水に溶け、食品の水分を抱き込んでゲル化する。

 

また糖分の吸収速度を緩やかにし食後の血糖値の急激な上昇を抑える。

 

便秘解消

つまり、直接便秘解消効果が欲しい場合は便のかさを増す不溶性食物繊維を摂ると効果的です。

 

しかし、痙攣性便秘の人(コロコロ便、環境の変化によって便秘になってしまう方など)は不溶性よりも水溶性食物繊維を摂取してください。

 

水溶性食物繊維は水に溶けて便をやわらかくする働きがあります。痙攣性便秘の人が不溶性食物繊維を摂ると余計に便秘になってしまう可能性があるので注意が必要です。

 

えん麦のちから

不溶性食物繊維と水溶性食物繊維はバランスが重要ですが、えん麦のちからはこの水溶性食物繊維と不溶性食物繊維が最も理想的な2:1のバランスで含まれています。

 

普段の食事でこのバランスを意識する事は難しいですが、えん麦のちからがあれば手軽にこのバランスをとれるのが嬉しいですね。

 

健康や長寿の秘訣は腸内環境と密接は関係があります。ダイエット、健康。この二つが手軽に手に入れられるのがえん麦のちからの魅力と言えそうですね。

 

えん麦のちからの口コミレポートはこちら